2009年03月07日

ベッカム2億円自腹でミラン残留

複数の英メディアは6日、イングランド代表MFデービッド・ベッカム(33)が期限付き移籍中のACミランに今季終了の5月末まで残留することが確定したと報じた。ミランが米MLS・LAギャラクシーに支払う500万ドル(約4億8500万円)のうち200万ドル(約1億9400万円)をベッカムが払うという。

 3月8日の移籍期限終了を目前に異例の契約が固まった。ひとまず移籍期間を延長し、MLSの移籍市場が開く7月にギャラクシーへ復帰。10月末の米シーズン終了後、ミランへと戻る。2つのクラブを短期間で行き来する不思議な契約を、英メディアは「タイムシェア」と表現した。



ってかアメリカに何しにいったんでしょうかね?
アメリカでプレーしてると代表に選ばれないから
ヨーロッパに戻ったって解釈でOKなんでしょうか。。
自宅でガンを治す唯一の食事法
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000036-sph-socc


posted by NewsToday-5 at 13:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。